Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 詩編113編5~9節

聖書黙想 詩編113編5~9節(新共同訳 旧約p.954)
「顧みて下さる神」

「わたしたちの神、主に並ぶものがあろうか」。神はこの世の主人であり、王として天の高い「御座」におられる。しかし、そこから「低く下って天と地を御覧にな」っている。そして、「弱い者を塵の中から起こし」、「子のない女」には「子を持つ母の喜びを与えてくださる」。この詩はマリアの賛歌(ルカによる福音書1章46~55節)を思い起こさせる。神が下さった最高の贈り物は、天の「御座」から自ら身を低くして、卑しい私達の所に来られた神の子イエス・キリストである。神は、独り子イエス・キリストの死と復活を通して、私達に永遠の命を与えて下さった。私達を顧みて下さる神をほめたたえよう。