Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 詩編119編169~176節

聖書黙想 詩編119編169~176節(新共同訳 旧約p.968)
「私の唇の賛美」

 詩人の苦しみは変わらず、神の答えはまだ与えられていないようであった。しかし、詩人は落胆したり諦めたりしなかった。苦しい現実に目を瞑ったり、現実から逃避したりもしなかった。彼は神の「御救い」を望み、迷った「小羊」のような自分を、良い牧者である神が顧み、「探してくださ」ることを願った。更に、以前と変わりなく神の「御言葉」に親しみ、神の義なる御心を知ろうとした。詩人は、御言葉の中に神の救いを見出し、神の「律法」を自分の「楽しみ」とした。また、「御言葉をあるがままに理解させてくださ」る神を「賛美」した。御言葉を通して苦しみから救われ、傷ついた「魂」と「霊」が「命を得」ることを知っているからである。それ故、詩人は答えが与えられる前にも後にも、常に神の「戒め」を「決して忘れ」ないと決心した。これが神を真に愛する人の姿である。