Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 ヨハネの黙示録6章5~8節

聖書黙想 ヨハネの黙示録6章5~8節(新改訳 新約p.443)
「黒い馬と青ざめた馬」

 第3の封印を解くと黒い馬が出て来ますが、馬に乗った者の手には量りがあります。これはききんによる価格暴騰と品薄現象を表します。4つの生き物の間で一つの声が「小麦一枡は一デナリ。オリーブ油とぶどう酒に害を与えてはいけない」と言います。この価格は、当時のローマ帝国の平均物価の約10倍に当たります。しかし、オリーブ油とぶどう酒に害を与えてはならないという声から、さばきの中にも神のあわれみがあることがわかります。第4の封印を解いた時は青ざめた馬が出て来ますが、馬に乗った者の名は死で、その後にはハデスがつき従います。馬のそれぞれの色のように、剣とききん、死病と獣のようなさまざまな種類のさばきによって地上の4分の1が殺されます。神のさばきの前に例外はありません。