Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 ヨハネの福音書6章35~40節

聖書黙想 ヨハネ福音書6章35~40節(新改訳 新約p.170)
「父なる神の御心」

 神は、イエス・キリストがまことのパンであることを認め、へりくだって御前に出る者を決して捨てられません。人々はイエス・キリストを信じることのできるしるしとして五つのパンと二匹の魚の奇蹟を見たのにもかかわらず、依然として信じません。信仰は目で見たり耳で聞いて得られるものではありません。目で見ず、耳で聞かなくても信じることです。奇蹟を経験しなくても日々の生活で会ったイエス・キリストを信じて生きる人が神の子です。神は、自ら神の子になる資格がないと思っている人々をもみな受け入れてくださいます。イエス・キリストは、この世に執着せずにイエス・キリスト愛する人々に永遠のいのちを与え、終わりの日に神の国で生きられるようにされますが、この地のパンだけを求める人々には、彼らの豊かな人生がこの地で終わるようにされます。