Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 マルコの福音書12章24~27節

聖書黙想 マルコの福音書12章24~27節(新改訳 新約pp.84-85)
「今生きておられる神」

 復活と永遠のいのちは、クリスチャンにとって最も大きな希望です。サドカイ人たちが無理な論理を展開したのは、復活を信じず、この世が全部だと考えていたからです。彼らはこの地ですべての報いと懲罰を受けると信じていたので、それ以上のことを理解することができませんでした。サドカイ人たちは、復活と永遠のいのちをくださる神の力を信じませんでした。しかし、復活も、永遠のいのちも、御使いも、確かに実在します。復活するとき、私たちのからだは栄光に輝く姿へと変わり、御使いのようになります。この地での婚姻関係は天国に続きませんが、神は特別な方法で私たちの人生を幸いなものにしてくださいます。神がアブラハム、イサク、ヤコブの神であると言われたこと(出エジプト記3章6節)は、神とともに彼らが今も生きていることを意味します。すべての信仰者は神の中で生きています(ルカの福音書20章38節参照)。