Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

祈り エレミヤ書29章1~14節

祈り エレミヤ書29章1~14節(新改訳 旧約pp.1189-1190) この世での希望はなくても、私たちには主が約束された永遠の希望があることを告白します。主が祝福される未来のために、主を心から求めることができますように。

聖書黙想 エレミヤ書29章10~14節

聖書黙想 エレミヤ書29章10~14節(新改訳 旧約pp.1189-1190)「神のご計画」 ユダの民が見舞われた出来事は、神の大いなるご計画の中で起こったことです。ユダの民への神のご計画はわざわいではなく平安です。民に将来と希望を与えようとされることです。祝福…

聖書黙想 エレミヤ書29章1~9節

聖書黙想 エレミヤ書29章1~9節(新改訳 旧約p.1189)「エレミヤの手紙」 エレミヤはバビロンに引かれて行った捕囚の民に手紙を通して神のことばを伝えました。ユダの民をバビロンに引いて行かせた方はまさに神です。神はバビロンに引かれて行ったユダの民に、…

祈り エレミヤ書28章12~17節

祈り エレミヤ書28章12~17節(新改訳 旧約pp.1188-1189) 主よ、偽りの指導者たちは民を破滅へと導き、国の未来を暗くすることを悟りました。虚偽と偽善を捨て、真実を求める指導者がこの地に多く立てられますように。

聖書黙想 エレミヤ書28章15~17節

聖書黙想 エレミヤ書28章15~17節(新改訳 旧約p.1189)「ハナヌヤの死」 にせ預言者の末路は死です。神の民に偽りを信じさせるからです。神が遣わされなかったのに、自分の考えや欲に従って偽りを預言したハナヌヤは、神のさばきを免れることができません。エ…

聖書黙想 エレミヤ書28章12~14節

聖書黙想 エレミヤ書28章12~14節(新改訳 旧約pp.1188-1189)「木のかせの代わりに鉄のかせ」 ハナヌヤの偽りの預言の後、エレミヤに神のことばがありました。ハナヌヤはエレミヤの首から木のかせを砕きましたが、神は鉄のかせを作られました。ハナヌヤの希望…

祈り エレミヤ書28章1~11節

祈り エレミヤ書28章1~11節(新改訳 旧約p.1188) 時に、神は戦いとわざわいと病を下されることを知りました。真理を曲げて平安を叫ぶにせ預言者たちに惑わされず、みことばを正しく見分ける知恵を与えてください。

聖書黙想 エレミヤ書28章5~11節

聖書黙想 エレミヤ書28章5~11節(新改訳 旧約p.1188)「エレミヤの反応」 ハナヌヤの預言に対してエレミヤは「アーメン」と反応しました。これはハナヌヤの預言に対する風刺的な反応、あるいはエレミヤが民を愛し、ハナヌヤの預言のようになることを本当に願…

聖書黙想 エレミヤ書28章1~4節

聖書黙想 エレミヤ書28章1~4節(新改訳 旧約p.1188)「ハナヌヤの偽りの預言」 社会が不安定で、霊的に濁った時期であるほど、にせ預言者たちは大手を振って歩きます。にせ預言者ハナヌヤは、主の宮で祭司たちとすべての民の前で、エレミヤに偽りを預言しまし…

祈り エレミヤ書27章12~22節

祈り エレミヤ書27章12~22節(新改訳 旧約pp.1187-1188) 時に、みことばとは正反対の選択をしてしまうことがあります。みことばと聖霊によっていつも目を覚まし、神の正しい御心を求めて歩むことができますように。

聖書黙想 エレミヤ書27章16~22節

聖書黙想 エレミヤ書27章16~22節(新改訳 旧約pp.1187-1188)「祭司たちと民に対する警告」 エレミヤは祭司たちと民に、偽りの預言を聞いてはならないと再び警告します。にせ預言者たちは民が願うことと自分たちが期待することを偽りで飾って預言しました。つ…

聖書黙想 エレミヤ書27章12~15節

聖書黙想 エレミヤ書27章12~15節(新改訳 旧約p.1187)「ゼデキヤに対する警告」 にせ預言者のことばに耳を傾けてはなりません。エレミヤはゼデキヤ王とすべての民に、バビロンの王のくびきに首を差し出し、彼とその民に仕えて生きるように促しました。にせ預…

祈り エレミヤ書27章1~11節

祈り エレミヤ書27章1~11節(新改訳 旧約pp.1186-1187) 私の人生に起こることを通して、神の御声に耳を傾けることができますように。たとえ私の考えと違っていても、神の善き御心を考え、従うことができますように。

聖書黙想 エレミヤ書27章9~11節

聖書黙想 エレミヤ書27章9~11節(新改訳 旧約p.1187)「にせ預言者の預言」 神のご計画と御心は、時に人間の理解を超えて現れます。神はすべての国々に、バビロンに降伏してネブカデネザル王に仕えるように命じられました。一つの国が異邦の王に仕えることは…

聖書黙想 エレミヤ書27章1~8節

聖書黙想 エレミヤ書27章1~8節(新改訳 旧約pp.1186-1187)「バビロンに降伏せよ」 神はすべての国々を治められる歴史の主権者です。神はエレミヤに、なわとかせを作って首につけ、すべての国々に向かって神のみことばを伝えよと命じられました。これは象徴的…

祈り ローマ人への手紙16章17~27節

祈り ローマ人への手紙16章17~27節(新改訳 新約p.289) 自己繁栄のメッセージに惑わされないよう霊の目を開かせてください。「私ひとりで」という考えを捨て、「ともに」喜び、泣く共同体と協力し合って、すべての民族を主の前に導くことができますように。

聖書黙想 ローマ人への手紙16章21~27節

聖書黙想 ローマ人への手紙16章21~27節(新改訳 新約p.289)「あいさつと賛美」 福音の働き人は、お山の大将にならず、謙遜に他の人々と働くことができなければなりません。パウロは、神から与えられた使命を果たすために、ひとりで働かず、いつも同労者たち…

聖書黙想 ローマ人への手紙16章17~20節

聖書黙想 ローマ人への手紙16章17~20節(新改訳 新約p.289)「まことと偽りを見分ける」 一致と和合ではなく、不必要な葛藤を引き起こすものは、正しい福音ではありません。にせ教師たちは、イエス・キリストに仕えず、自分の益だけを追求し、狡猾なことばで…

祈り ローマ人への手紙16章1~16節

祈り ローマ人への手紙16章1~16節(新改訳 新約pp.288-289) あらゆる違いを超えて、福音によって同労者を与えてくださり感謝します。差別や嫌悪で汚れたこの時代に、家庭、共同体、教会が十字架の福音で一致し、愛をもって福音を伝えることができますように。

聖書黙想 ローマ人への手紙16章3~16節

聖書黙想 ローマ人への手紙16章3~16節(新改訳 新約pp.288-289)「パウロのあいさつ」 貧富や人種を問わず、みな等しく交わり、愛し、礼拝する所が教会です。パウロは、多くの人々の名を挙げ、彼らに「よろしく伝えてください」とローマの聖徒たちに頼みます…

聖書黙想 ローマ人への手紙16章1~2節

聖書黙想 ローマ人への手紙16章1~2節(新改訳 新約p.288)「パウロの推薦」 福音が宣べ伝えられる先々で女性たちが尊重され、彼女たちの賜物と力が発揮されます。パウロは最初にフィベを推薦します。ギリシヤ神話に出てくる女神の名を持っていることから、彼…

祈り ローマ人への手紙15章22~33節

祈り ローマ人への手紙15章22~33節(新改訳 新約pp.287-288) 主の働き人たちに油を注ぎ、新しい力をお与えください。私たちみなが、むなしい望みではなく神様からの召しに基づいたビジョンをもって、みことばによってその道をしっかりと歩むことができますよ…

聖書黙想 ローマ人への手紙15章30~33節

聖書黙想 ローマ人への手紙15章30~33節(新改訳 新約p.288)「パウロの祈りの依頼」 霊的戦いの最前線にいる福音伝道者のための祈りは、最も必要とされる愛の行いです。パウロは、ローマの聖徒たちに、自分のために祈ってくれるよう頼みます。彼は、献金を届…

聖書黙想 ローマ人への手紙15章22~29節

聖書黙想 ローマ人への手紙15章22~29節(新改訳 新約pp.287-288)「パウロの宣教の計画」 福音伝道と施しの働きは、神の民の霊と肉を生かす二つの中軸です。パウロは、この二つの働きをうまくやり遂げます。ローマ訪問の計画を明らかにしながらも、聖徒たちに…

祈り ローマ人への手紙15章14~21節

祈り ローマ人への手紙15章14~21節(新改訳 新約p.287) 目立たないことを根気よく行うことが、神様の御心を成し遂げる偉大な使命であると信じます。ゆだねられたすべてのことを聖霊の力で助けてくださり、人を思いやり、共同体を立てることができますように。

聖書黙想 ローマ人への手紙15章17~21節

聖書黙想 ローマ人への手紙15章17~21節(新改訳 新約p.287)「パウロの宣教の働きの原則」 クリスチャンの誇りは、イエス・キリストを信じることと、この方を宣べ伝えることでなければなりません。イエス・キリストのすばらしさのために世のすべてのものをち…

聖書黙想 ローマ人への手紙15章14~16節

聖書黙想 ローマ人への手紙15章14~16節(新改訳 新約p.287)「異邦人のためのパウロの務め」 知恵深い勧めは受け入れられ、変化をもたらします。パウロは、ローマの聖徒の善意と知恵と成熟した態度をほめつつ、一つの勧めを付け加えます。福音を再び説明する…

祈り ローマ人への手紙15章1~13節

祈り ローマ人への手紙15章1~13節(新改訳 新約pp.286-287) 主が私にされたように、私も信仰の弱い兄弟を最後まで愛する決心をします。一人ひとり「違う」ことを認め、さらに多彩で豊かな共同体を築いていくことができるよう、私たちに豊かな心をお与えくだ…

聖書黙想 ローマ人への手紙15章8~13節

聖書黙想 ローマ人への手紙15章8~13節(新改訳 新約pp.286-287)「すべての国民の望み、イエス・キリスト」 ユダヤ人と異邦人の両方を救うことが神の御心です。イエス・キリストは、割礼の追従者であるユダヤ人として来られ、アブラハムにされた約束を誠実に…

聖書黙想 ローマ人への手紙15章1~7節

聖書黙想 ローマ人への手紙15章1~7節(新改訳 新約p.286)「共同体を立てる信仰」 信仰が良く、徳を高める人は、自分と相手の違いを受け入れることのできる自由な人です。意見の違いから葛藤があったとしても、福音という本質の前で自分の意見に固執せず、人…