Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

祈り ローマ人への手紙

祈り ローマ人への手紙16章17~27節

祈り ローマ人への手紙16章17~27節(新改訳 新約p.289) 自己繁栄のメッセージに惑わされないよう霊の目を開かせてください。「私ひとりで」という考えを捨て、「ともに」喜び、泣く共同体と協力し合って、すべての民族を主の前に導くことができますように。

祈り ローマ人への手紙16章1~16節

祈り ローマ人への手紙16章1~16節(新改訳 新約pp.288-289) あらゆる違いを超えて、福音によって同労者を与えてくださり感謝します。差別や嫌悪で汚れたこの時代に、家庭、共同体、教会が十字架の福音で一致し、愛をもって福音を伝えることができますように。

祈り ローマ人への手紙15章22~33節

祈り ローマ人への手紙15章22~33節(新改訳 新約pp.287-288) 主の働き人たちに油を注ぎ、新しい力をお与えください。私たちみなが、むなしい望みではなく神様からの召しに基づいたビジョンをもって、みことばによってその道をしっかりと歩むことができますよ…

祈り ローマ人への手紙15章14~21節

祈り ローマ人への手紙15章14~21節(新改訳 新約p.287) 目立たないことを根気よく行うことが、神様の御心を成し遂げる偉大な使命であると信じます。ゆだねられたすべてのことを聖霊の力で助けてくださり、人を思いやり、共同体を立てることができますように。

祈り ローマ人への手紙15章1~13節

祈り ローマ人への手紙15章1~13節(新改訳 新約pp.286-287) 主が私にされたように、私も信仰の弱い兄弟を最後まで愛する決心をします。一人ひとり「違う」ことを認め、さらに多彩で豊かな共同体を築いていくことができるよう、私たちに豊かな心をお与えくだ…

祈り ローマ人への手紙14章1~12節

祈り ローマ人への手紙14章1~12節(新改訳 新約p.285) 私が弱いときにも愛し、個性を尊重し、これまで導いてこられた主よ。ほかの人たちを私の枠にはめこみ、些細なことで罪に定め、さばこうとするとき、主の愛に立ち返る恵みをお与えください。

祈り ローマ人への手紙13章8~14節

祈り ローマ人への手紙13章8~14節(新改訳 新約pp.284-285) 主と隣人への愛が、私のすべての考えと行動の原動力になるように助けてください。暗く不透明な時代に生きていますが、変わらない真理のみことばに基づき、光として生きることができますように。

祈り ローマ人への手紙13章1~7節

祈り ローマ人への手紙13章1~7節(新改訳 新約p.284) 社会の権威が崩れているこの時代に、神様が立てられた権威と秩序に従う模範を示すことができますように。相手を問いただす前に役割と秩序を考え、主の謙遜と従順にならうことができますように。

祈り ローマ人への手紙12章9~21節

祈り ローマ人への手紙12章9~21節(新改訳 新約pp.283-284) 周りの人々を通して私に仕える機会を与えてくださり感謝します。「私は正しく、あなたは間違っている」という態度を捨て、主の御心に従って語り、行動し、善を行うことができますように。

祈り ローマ人への手紙12章1~8節

祈り ローマ人への手紙12章1~8節(新改訳 新約p.283) 形式的な礼拝ではなく、考え方が変わり、いのちが芽ばえる真の礼拝をささげたいと願います。私と教会共同体が、神様の恵みと賜物により、苦しみの中にある人を助けることができますように。

祈り ローマ人への手紙11章25~36節

祈り ローマ人への手紙11章25~36節(新改訳 新約pp.282-283) 神の御心を理解できないときも、神の前にひざまずく謙遜さをお与えください。主が定められた十分な数が満ちるまで、進んでささげる祈りと奉仕と献金により宣教の一部を担うことができますように。

祈り ローマ人への手紙11章1~12節

祈り ローマ人への手紙11章1~12節(新改訳 新約pp.280-281) 霊的に鈍くなって主から遠ざかるときや、自分の姿に絶望するときも、変わることなく恵みの光を照らしてくださり感謝します。サタンのそしりに欺かれず、真実な主にすがり、信仰の道を歩めますよう…

祈り ローマ人への手紙10章14~21節

祈り ローマ人への手紙10章14~21節(新改訳 新約p.280) 苦しみの中にいる人、罪にあえぐ人、自分だけが正しいと思うかたくなな人など、主を必要とする人々に福音を伝える足となれますように。全地に救いの知らせを伝えるために神様の心情で祈れますように。

祈り ローマ人への手紙10章1~13節

祈り ローマ人への手紙10章1~13節(新改訳 新約pp.279-280) ユダヤ人でなくても「だれでも」イエス・キリストを信じれば救われるという福音は、実にすばらしい真理です。心と口と生き様によりイエス・キリストを主と認め、イエス・キリストの義によって恥ず…

祈り ローマ人への手紙9章25~29節

祈り ローマ人への手紙9章25~29節(新改訳 新約p.279) 救いは神様と御子イエス・キリストを信じるときに成し遂げられるという真理をいつも覚えていることができますように。日々、信仰が成長するように、十字架にすがって聖い歩みができますように。

祈り ローマ人への手紙9章14~24節

祈り ローマ人への手紙9章14~24節(新改訳 新約pp.278-279) すぐに腹を立てる短気な私をあわれみ、忍耐してくださり感謝します。神様を認め、罪から離れることができますように。陶器師である主の御手に人生をゆだねます。私をきよい器に造りかえてください。

祈り ローマ人への手紙9章1~13節

祈り ローマ人への手紙9章1~13節(新改訳 新約pp.277-278) 約束の子とし、救いの喜びと感激を与えてくださった神様に感謝します。与えられた祝福の中に安住しようとする思いを捨て、この世でさまよっている人々に神の子となる祝福について伝えていけますよう…

祈り ローマ人への手紙8章26~30節

祈り ローマ人への手紙8章26~30節(新改訳 新約pp.276-277) 御霊に頼らず、自分の力で解決しようとしていた傲慢をお赦しください。私のためにともに心を痛めてとりなしてくださる御霊の声を聞き、神様の御心に従って生きる成熟した神の子となれますように。

祈り ローマ人への手紙8章18~25節

祈り ローマ人への手紙8章18~25節(新改訳 新約p.276) 私の小さなうめきや嘆きさえも聞かれ、ともに心を痛めてくださる主の恵みと愛に感謝します。栄光によって臨む主の日を待ち望み、今の苦難や逆境の中でも感謝と希望を失わずに歩んでいけますように。

祈り ローマ人への手紙8章9~17節

祈り ローマ人への手紙8章9~17節(新改訳 新約pp.275-276) 何の資格もない私のところに来てくださり、子と呼んでくださる大いなる恵みに感謝します。イエス・キリストとともに相続する栄光の御国を見上げ、父なる神様に拠り頼み、険しい世を大胆に生きていけ…

祈り ローマ人への手紙8章1~8節

祈り ローマ人への手紙8章1~8節(新改訳 新約p.275) 神の御心とご計画に関心を持たず、肉の思いのままに行動し、生きてきた私の姿を悔い改めます。私の人生のすべての領域が主のいのちと御霊により支配され、神様を喜ばせることができますように。

祈り ローマ人への手紙7章14~25節

祈り ローマ人への手紙7章14~25節(新改訳 新約pp.274-275) 良いものが全くない私の人生に王として来られた主を賛美します。罪の律法に従う弱い自分を見いだすとき、失望せずに主イエス・キリストに拠り頼み、貪欲と利己心が除かれる恵みを経験させてくださ…

祈り ローマ人への手紙7章7~13節

祈り ローマ人への手紙7章7~13節(新改訳 新約p.274) 「こんなのは罪にはならないだろう」と何げなく多くの罪を犯していました。私のすべての汚れた罪が御霊によって明らかにされるよう、日々みことばを通して心の奥深くまで点検することができますように。

祈り ローマ人への手紙6章12~23節

祈り ローマ人への手紙6章12~23節(新改訳 新約pp.273-274) 私のからだと心を完全に治められる方は神様おひとりであることを、信仰をもって告白します。日々、罪ではなく神の恵みの中で生き、聖なる実を結ぶことができるよう、義の道へと導いてください。

祈り ローマ人への手紙6章1~11節

祈り ローマ人への手紙6章1~11節(新改訳 新約pp.272-273) 罪に対してすでに死んだと言いながらも、罪から離れられない自分の姿を見ます。罪の前では反応せず、神様だけに反応し、神に対して生きている者として歩んでいくことができますように。

祈り ローマ人への手紙5章12~21節

祈り ローマ人への手紙5章12~21節(新改訳 新約p.272) アダムの違反により死の支配下にあった私を、いのちの光の下へと導いてくださった主に感謝します。永遠のいのちを得た者として、死にゆくたましいを生かすためにすべてを投げうつことができますように。

祈り ローマ人への手紙5章1~11節

祈り ローマ人への手紙5章1~11節(新改訳 新約p.271) 今この時間、主の愛が私の心に、唇に、手と足に注がれますように。苦しいときこそ、主をさらに愛し、賛美する弟子となれますように。そして、苦しみの中にある人々を覚え、助ける一日となりますように。

祈り ローマ人への手紙4章18~25節

祈り ローマ人への手紙4章18~25節(新改訳 新約p.271) 弱い者を選び、救いのみわざを成し遂げられた主よ! 私も取るに足りない者ですが、欠けたところのない約束のことばを信じます。希望の見えない瞬間にも主に信頼し、再び立ち上がることができますように。

祈り ローマ人への手紙4章9~17節

祈り ローマ人への手紙4章9~17節(新改訳 新約pp.270-271) 自分の力で努力して勝ち取っていく世の原理とは違い、主を信じる者ならだれでも無条件に受け入れ、相続人としてくださる恵みに感謝します。この福音を地の果てまで伝えていく者となれますように。

祈り ローマ人への手紙3章21~31節

祈り ローマ人への手紙3章21~31節(新改訳 新約pp.269-270) 神の義によって私を新しくしてくださった驚くべきみわざに感謝し、主をほめたたえます。自分の努力で神様に近づこうとする態度を捨て、唯一の救いの道である十字架を、堅くつかむことができますよ…