Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 歴代誌上27章32~34節

聖書黙想 歴代誌上27章32~34節(新共同訳 旧約p.666)
ダビデの側近」

「知恵ある者と共に歩」む者は「知恵を得」る(箴言13章20節)。ダビデの傍には知恵深い協力者がいた。「ダビデの伯父ヨナタン」や「アヒトフェル」は、「顧問」としてダビデに意見を求められた時に助言を行った。ヨナタンは「書記官」として秘書のような役割も担った。「ハクモニの子エヒエル」は「王子の養育係り」としてダビデの息子の家庭教師の役割を果たした。「アルキ人フシャイ」は「王の友人」としてダビデと思いを分かち合った。「ヨアブ」は「司令官」として「王の軍」を統率した。指導者が自分だけで物事を進めず、夫々の分野の専門家に委任し、知恵と力を集める時、更に良い結果を導き出すことが出来る。