Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 詩篇133篇1~3節

聖書黙想 詩篇133篇1~3節(新改訳 旧約p.956)
「共同体の結びつき」

 詩人は信仰共同体の美しい結びつきを、油と露にたとえています。ここで油は、祭司(アロン)に注ぐ最上の油であり、聖なる職を遂行するように神が注いでくださる聖霊を象徴しています。また、頭に油を注ぐ儀式は、きよめの意味があります。ヘルモン山イスラエルの北端に位置する高い山で、乾燥したエルサレムとは違って水が豊かです。共同体の完全な結びつきは、きよくて貴重な油が頭からえりまで流れるように、ヘルモン山の露がシオンの山々に下りるように、神が注いでくださるいのちと恵みの祝福によって、豊かで美しいものです。私たちは、それぞれ多様な背景を持っていますが、みなが神を愛し、神に愛されている者です。これを覚えて互いに尊重し、結びつく関係を築き上げなければなりません。