Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 詩篇149篇1~5節

聖書黙想 詩篇149篇1~5節(新改訳 旧約p.968)
「すべての聖徒の賛美」

 賛美は未来を見つめて、信仰によりささげる勝利の歌です。宇宙的な聖歌隊の代表として召されたイスラエルは、再び賛美します。詩篇の著者は、イスラエルに二種類の賛美を求めます。一つめは、新しい歌による賛美です。新しい歌とは、現在を越えて未来を見つめる信仰と関連があります。聖徒は、造り主であり王である神が彼らの人生に介入されるときを待ちます。二つめは、情熱的に踊る楽器を用いた賛美です。これは、葦の海から救い出してくださった神を賛美したミリヤムと女たちを連想させます(出エジプト記15章20~21節)。神は神の民を喜び、謙遜な者に勝利を与えられます。聖徒は個人的に、また礼拝の共同体とともに、いつでも勝利の歌を歌い喜ぶことができます。