Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 ローマ人への手紙1章16~17節

聖書黙想 ローマ人への手紙1章16~17節(新改訳 新約pp.265-266)
「神の力」

 福音は、信じるすべての人を救い、変化させる神の力です。パウロのようにイエス・キリストを迫害していた人も、その力を経験する対象から除外されません。そのため、クリスチャンは、福音を恥と思ってはなりません。福音を信じる者は、神の義によって義人とみなされ、新しい人生が約束されています。したがって、以前の立場、失敗、罪に縛られません。私たちに生きる力を与えるのは、お金や知識ではなく、福音を信じる「信仰」です。