Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 エレミヤ書29章10~14節

聖書黙想 エレミヤ書29章10~14節(新改訳 旧約pp.1189-1190)
「神のご計画」

 ユダの民が見舞われた出来事は、神の大いなるご計画の中で起こったことです。ユダの民への神のご計画はわざわいではなく平安です。民に将来と希望を与えようとされることです。祝福された未来を味わうためには神を呼び求めなければなりません。神はご自分を心から呼び求める民に会い、彼らの祈りに答えてくださいます。ユダの民は捕囚から解放されるまでの長い歳月を待たなければなりませんでした。聖徒は祈りつつ、神の時が満ちるまで忍耐しなければなりません。イエス・キリストの十字架を通して、いつも神との交わりを持たなければなりません。せわしない日常生活の中で静かな場所を見つけ、神と交わるみことばの黙想と祈りの時間が必要です。そうすれば、まことの平安を保つことができます。